TOP舞台探訪・聖地巡礼>バッテリー・ロケ地

バッテリー 特別編 (初回生産限定版) (あさのあつこ書き下ろし小説付) [DVD]

バッテリー・舞台探訪

 中学生のバッテリーの青春を描いた小説『バッテリー』。
 その舞台となっているのは著者の住む岡山県です。
 二人の青春の舞台となった風景を、映画のロケ地などと一緒にご紹介します。

美作中学校(新田東中学校)

 著者・あさのあつこさんの母校でもある美作中学校が作品中に登場する『新田東中学校』のモデルであり、映画化の際にはロケ地としても採用されました。

 校舎、グラウンド共に映画に登場しているので、見ていると映画のワンシーンに飛び込んだような気分が楽しめます…が、現役で使用されている学校なので、見学などについては迷惑にならないように気をつけましょう。

粟倉神社(新田神社)英田郡西粟倉村長尾1080

 作品中で主人公の巧と豪が出会った場所です。
 巧が祖父に言われてジョギングをしていて訪れたところ、魚捕りに来ていた豪と出会い、巧のファンだという豪にボールを捕らせる約束をしたのがこの場所です。
 バッテリーコンビの始まりの地である『新田神社』は、美作市から少しはなれた場所にある粟倉神社が選ばれました。

 857年より現在まで厚い信仰を集める由緒正しい神社で、樹齢800年にもなるといわれるヒノキや、大きなサカキがあり、どちらも県の文化財へ指定されている貴重なものです。


柏木邸(原田家)

 巧一家が引越しをしてきた家です。
 高梁市内山下にある立派な邸宅ですが、個人のご自宅を使用していたようです。
 水路の上を通る橋も、そのままの風景です。

高梁市・市職員駐車場

 巧と豪が始めてキャッチボールをしたシーンに使用されたのは、多くのロケが行われた高梁市の、市に勤める職員の方の駐車場だったそうです。
 映画中では舗装されていない状態でしたが、現在は舗装されて綺麗になっています。
 ただし周辺の景色は余り変わっていないので、映画の雰囲気はバッチリ残っています。
 投球を続けるうちに、前のキャッチャーが半年掛かったという巧のボールを豪は捕る事に成功し、二人は晴れてバッテリーとなるのでした。

大福寺(沢口の家):高梁市落合町近似338

 野球部の沢口の家として登場しました。
 境内にはリンチ騒動の際に巧を裏切ってしまった事を悔いて、登っていた木があります。
 サワが自分を見つめていたという、あの大きな木ですね。
 これは実際に高梁市にある真言宗のお寺です。

石火矢町ふるさと村(巧の家の近所):高梁市石火矢町

 高梁市石火矢町周辺が指定されている『石火矢町ふるさと村』は原田家のロケ地となった柏木邸とも実際にすぐ傍にあり、巧の弟である青波の居場所がわからなくなった事を母親から告げられるシーンが撮影された場所でもあります。
 そのシーンは武家屋敷が建ち並ぶ周辺だったようです。

 『男はつらいよ』シリーズでもロケ地に指定されており、昔ながらの風景が残された岡山のロケの名所と言えるかもしれません。

美作市林野周辺(新田市の市街地)

 新田中学校などのある新田市の周辺の風景としてロケが行われているのは、著者の住む美作市周辺の風景です。
 ロケ地として似合う場所を選んだと言うよりは、実際の舞台となっている場所で撮影をしたものでしょう。
 小説で描かれている情景ともよくマッチする風景が散見します。
 ちなみにこの辺りは美作倉敷と呼ばれ、古くは川による交通で栄えた町で、今でも昔ながらの風景を楽しむ事が出来る地域です。

玉島港周辺

 作品中で行われる県内の強豪校である横手第二中学校が自主トレをしていた場所です。
 設定上は新田市より北部に位置する横手市の学校ですが、自主トレが行われていた場所は岡山県南部の港町、倉敷市の玉島港周辺です。

 こちらも美作市や高梁市同様に昔ながらの情景を残す町並みで知られており、映画作品としては『ALWAYS  三丁目の夕日』のロケ地としても使用されています。




 -戻る-




ページトップに戻る