TOP岡山の食べ物岡山のお菓子編 > 良寛てまり

良寛手まり

良寛てまり

岡山と良寛手まり

● 岡山県ではこう呼ぶ!
・良寛てまり
● こんな時に使う!
県内外の人への贈答品
● 関連リンク
良寛さんゆかりの地

名僧・良寛ゆかりの菓子

 倉敷市の玉島地区にあるお菓子屋・菓子処ひらいのもう一つの名前は『良寛庵』です。

 玉島にある円通寺は曹洞宗の僧侶にして、和歌や漢詩、書など芸術分野でも活躍された良寛が修行のために訪れていたお寺として知られています。
 今でも円通寺は良寛ゆかりの地として多くの観光客でにぎわっています。

 菓子処ひらいが良寛庵と名乗るのも、庶民に愛された良寛の人柄に倣っての事ではないでしょうか。
 そして倉敷の土産菓子として作られたのが『良寛てまり』です。

名前の由来

 良寛の人柄を語る際に、必ず登場するのが子供との交流です。
 子供の純真な心こそが誠の仏の心と悟った良寛は、近所の子供たちと遊ぶ時間を大切にされていたそうです。
 特に手毬は常に懐へ入れて持ち歩く程だったそうで、『霞立つ ながき春日に 子供らと 手鞠つきつつ この日暮らしつ』という和歌にも登場したほどです。(ちなみにこの和歌は円通寺近くに歌碑として残されています)

 そんな良寛の人柄を象徴するようなアイテムともいえる手毬をモチーフに作られたのが、倉敷銘菓の良寛てまりです。

 漉し餡と栗の入った上品な甘さのする薯蕷饅頭で、包装紙は手毬の柄を模したデザインになっている、とてもお洒落なお菓子になっています。
 
 -戻る-

関連リンク


写真:良寛てまり
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る