トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 >四手網

児島湾の四手小屋
四手網

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
四手網

♪ 起源
・元々は漁業の一環として、現在は観光資源として続けられている。

♪ 特記事項
・四手網を体験できる四手小屋は予約制なので、早めの予約が吉。


写真提供:岡山県
 四手網とは?
 岡山市東区の児島湾沿いを歩いていると、海の上へせり出すように建てられた小さな建物と、その建物からぶら下げられた網を見ることが出来ます。

 これは児島湾名物の『四手網(ヨツデアミ)』という漁業の為に作られた建物です。
 児島湾周辺では風物詩といってもいいほど伝統的な風景なのです。

 漁の方法
 四手網はザルのように作った網を沈めて、光や餌を用いて魚をおびき寄せ、そのまま引っ張り上げて魚を捕獲するという仕組みになっています。
 投網による漁法に近い感じですね。
 時期によって獲れるものも変わってきますが、人気のシーズンに当たる夏〜秋にかけての時期にはママカリなどの小魚や、ベイカ、エビなどが獲れるそうです。

 レジャーとしての四手網
 しかし現在の四手網、それを行う四手小屋は、本格的な漁業というよりはレジャー産業へとシフトしているようです。
 写真にある小屋の中にはテレビやカラオケなどの娯楽用の設備が整っており、予約した人たちは四手網で獲れる魚のほかにも、この中へ様々な食材を持ち込み、児島湾の風景や獲れたての魚で宴会を楽しむという流れになっているようです。

 四手小屋は予約制になっており、それぞれの建物の持ち主の方に予約をする必要があります。興味がある方は周辺を管理されている九蟠漁協さんへ問い合わせてみるか、『児島湾 四手網 予約』などのキーワードで四手小屋を探してみてはいかがでしょうか♪

戻る

ページのトップへ戻る