トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 >ワニ料理

ワニ料理

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
ワニ、サメ、ワニザメ

♪ 起源
・サメの肉は日持ちするので、港から遠い山間部で重宝された。

♪ 特記事項
・広島県の郷土料理としても知られ、備北地方で食べられる。


写真提供:長谷川鮮魚店
 日本でワニ料理!?
 岡山の備北地方ではワニ料理を食べる事がある…なんて書くと、何で岡山でワニを!?と思われそうですが、ここで言うところのワニとは、ジャングルにいそうなアレの事ではなく、海を泳ぐサメの事です。
 サメのことをワニと呼ぶ事があるのです。

 因幡の白兎の伝説で、兎が海を渡って因幡へ行こうとした際に、数比べをしようと嘘をつき、ワニを海に並べて渡っていくというシーンがあります。
 この時に登場するワニも、サメの事だと言われています。(神話とは言えど、さすがに日本の海にワニは、ねぇ…)

 歴史
 ワニ料理を食べるのは広島県が有名で、岡山でも広島でも山間部が多いのですが、これはサメの肉が日持ちする事が理由です。
 現在のように港に入った新鮮な魚をすぐに届けられるような移送手段も、届けるまで鮮度を保つような保存技術も無かった時代ですので、普通の魚の何倍も日持ちするサメの肉が重宝されたのだそうです。
 サメは山間部で食べられる中では刺身になる貴重な魚だったのです。
 またマグロなどに例えられるように美味で、更に値段も安価という点も好まれたそうです。

 調理法
 ところでサメの肉が日持ちするのは、浸透圧の調整に尿素を用いているのが、死んでから時間がたつとアンモニアを発生させ、腐敗を抑制する為です。
 しかしその為に食べるときに臭いがあるそうです。
 その為、刺身で食べる際には一旦湯通しして霜降りの状態にした上で、臭みを抑える為に匂いの強い野菜などと一緒に食べるのが適しているそうです。
 

戻る

ページのトップへ戻る