TOP岡山の食べ物郷土料理編 > 津山ホルモンうどん

津山ホルモンうどん

津山ホルモンうどん

岡山と津山ホルモンうどん

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・ホルモンうどん
♪ 起源
津山周辺~兵庫東部にかけてのご当地グルメ

♪ 特記事項

2011年度第6回B-1グランプリ・シルバーグランプリ獲得

津山ホルモンうどんとは

 昨今の地域に根ざした郷土料理をピックアップするB級グルメのブームに乗って、一躍岡山の郷土料理として知名度を上げたのが津山市の『ホルモンうどん』です。
 名称は『ホルモンうどん』ですが、実際には『焼きうどん』です。
 一般的に焼きうどんへ肉の代わりにホルモンを使用することで、普通の焼きうどんよりもあっさりとして食べやすいのが特徴です。

 地元では昔から食べられてきており、数十年の歴史そうです。
 ホルモンを用いた焼きうどんという以外に決まった調理方法は無く、特にソースは色々な味があり、お店ごとの違いを楽しむことが出来ます。

歴史

 昔から牛肉の流通地点として賑わい、現在でも食肉処理センターがあるように、新鮮な牛肉が手に入りやすかった地域性から、津山市周辺から一部は兵庫県に掛けて、広く庶民の間で食べられていた郷土料理です。

 現在では地域おこしの一環としてホルモンうどんマップも作られて配布されています。

 ちなみに岡山を代表するB級グルメとしては『ひるぜん焼きそば』もグランプリで上位を獲得するなどしており、焼きそば/焼きうどんが好きな県民性なのかもしれませんね。



 -戻る-


写真:津山ホルモンうどん
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る