トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 > 下津井のタコ


下津井のタコ

□ 下津井のタコ

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
下津井のタコ、干しダコ
♪ 起源
特になし、保存の為?


写真提供:kinacoさん

 倉敷市の下津井の名物である干しダコは、郷土料理としてだけではなく、瀬戸大橋とマッチした下津井の伝統的な風景としても人気を集めています。

 干されているのは下津井沖で獲れる大きなマダコで、周辺の海は潮の流れがとても強いために、身が非常に引き締まっています。
 形だけを見るとスルメと似ていますが、干しダコをそのまま食べるという事は余り無く、一般的な乾物と同様に酒や醤油に1~3日ほど浸けて、戻してお酒のツマミやタコ飯の材料などとして食するのが一般的です。
 
 スルメとの違いは調理法だけではありません。
 実は意外な高級品で、岡山県民でも知っている人は多い割りに食べたことが無いという人も多い高級食材だったりします♪

戻る



ページのトップへ戻る