TOP岡山の食べ物郷土料理編 > 下津井の干しダコ

干しダコ

下津井の干しダコ

干しダコ

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・干しダコ
♪ 食べ方
醤油や酒で戻してから食材に用いる
♪ 特記事項
食べるだけではなく、それ自体が下津井の風物詩になっている。

下津井の食べれる風物詩

 倉敷市の下津井の名物である干しダコは、郷土料理としてだけではなく、瀬戸大橋とマッチした下津井の伝統的な風景としても人気を集めています。

 干されているのは下津井沖で獲れる大きなマダコです。
 周辺の海は潮の流れがとても強いために、身が非常に引き締まっています。

 とても立派で大きなタコなので、初めて観た方は写真以上に大きく見える干しダコに驚くのではないでしょうか。

食べ方・調理法

 形だけを見ると同じく足のたくさんあるスルメとよく似ていますが、干しダコをそのまま食べるという事は余りありません。
 一般的な乾物と同様に酒や醤油に1~3日ほど浸けて、戻してお酒のツマミやタコ飯の材料などとして食するのが一般的です。
 
 スルメとの違いは調理法だけではありません。
 実は意外な高級品で、相当な価格がするものもあります。


 -戻る-

関連リンク


写真:干しダコ
写真提供:岡山県

ページトップに戻る