TOP岡山の食べ物郷土料理編 > 鯖寿司

鯖寿司だ!!

岡山の珍味・サバ寿司

岡山とサバ寿司

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・サバ寿司
♪ 起源
主に新見など、海から遠い為に魚が塩漬けの状態で届けられていた県北で食べられていた郷土料理です。地域によっては保存食としても重宝されたそうです。

サバ寿司とは

 岡山は県南が海に近いので、新鮮な魚を利用した郷土料理が多いのに対し、山間部である県北は一味違った魚を用いた郷土料理が見られます。

 その一つが、今回ご紹介する『サバ寿司』です。
 新見市を初めとする県北部や、近畿地方などで食べられる郷土料理です。

 主に日本海で採れたサバを利用した寿司です。
 サバは一般的には寿司として食される魚では有りませんよね。
 では、どうしてサバを寿司にして食べるようになったのかというと、実は当時の内陸部の交通事情が関係していました。

 交通手段が限られていた時代には、海から魚介類を届けるには時間が掛かるために、傷まないように塩漬けにされた状態でサバが届けられていました。
 山間部に住む人には、貴重な魚だったのです。
 その為、沿岸部やその周辺地域では見られない、サバを寿司として食べる習慣が生まれたのだと言われています。


調理法

 サバ寿司の調理法は、届いた塩漬けのサバを塩抜きし、長期保存を可能にする為に酢でしめて、バッテラのような形で食べるというものです。

 寿司の形や、酢へ加えられる砂糖や調味料など、地域ごとに特色があるのが特徴です。



 -戻る-


写真:サバ寿司
写真提供:岡山県

ページトップに戻る