TOP岡山の食べ物郷土料理編 > イイダコ

イイダコ

イイダコの煮付け

イイダコ

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・イイダコ
♪ 起源
・イイダコは瀬戸内海の特産品
♪ 特記事項
・イイが無い時期はから揚げ等でも食べる

郷土料理・イイダコ

 岡山県でよく食べるタコに、『イイダコ』と呼ばれるタコがあります。
 勿論、普通のタコもよく食べるのですが、イイダコの煮付けは、岡山県民の家庭の味として定着しています。

 イイダコは瀬戸内海の名産で、釣りでも人気です。
 メスは胴体(タコの頭のような部分)に卵を持ち、これが米粒(イイ)のような形をしているのでイイダコと呼ばれています。
 卵の事自体も「イイ」と呼び、卵の多い固体なら「イイが多い」と表現する事もあります。

食べ方と旬

 一般的に岡山で食べられる煮付けは、卵が有る時期の物です。
 また卵を持っていない時期にはから揚げなどとして食べる事もあります。

 もちろん、食べる分には卵(イイ)が沢山詰まっているほうが良いとされています。


 -戻る-

関連リンク


写真:イイダコの煮付け
写真提供:岡山県

ページトップに戻る