トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 >鯛の浜焼き


鯛の浜焼き

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・鯛の浜焼き

♪ 起源
・製塩業を営む人たちが生み出した郷土料理。

♪ 特記事項
・伝統に則るのであれば。
伝八笠と呼ばれる笠に包むのが作法

写真提供:高級果物&逸品・贈答品なら佳月堂

 鯛の浜焼き岡山県だけではなく、瀬戸内一帯の郷土料理です。

 調理法
 浜焼きというのは、たっぷりと敷き詰められた塩に魚を入れて、更に上から塩を積み重ねていき、包み込んだ上で釜で焼くのが伝統的な作り方です。
 この独特な調理法を編み出したのは、製塩業に従事していた人々だと言われています。

 歴史
 瀬戸内海沿岸は古来より、製塩業が盛んな地域でした。
 塩田で働く人たちは、浜で取った魚を、塩釜から取り出したばかりで非常に熱くなっている塩の中に入れることで、蒸し焼きにしていたそうです。
(注:塩釜とは海水から塩を取り出す為の石で出来た釜の事)

 これが浜焼きの起源で、こうして調理された魚は非常に美味であると言う事で、鯛のような高級魚を浜焼きにして、身分の高い人への贈答品とするなどされたそうです。

 現在の浜焼き
 現在でも本格的な商品は竹で編まれた笠状の包みにいれられています。
 これも製塩業から派生した料理である名残で、塩田で作業中にかぶっていた笠に、浜焼きにした魚を包んで持って帰っていた事が伝わっているのです。

 普段の食卓に出る料理というよりは、お祝いなどの席などで食べられる、特別な料理として知っている人も多いのではないでしょうか。
 『めでたい』の語呂合わせもあってか、贈答品としても人気です。


- 一覧へ戻る -

ページのトップへ戻る