トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 >蜂の子料理

蜂の子料理

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
蜂の子

♪ 起源
・食品の保存技術が発達していなかった時代、山間部の貴重な蛋白源だった。

♪ 特記事項
・蜂の子ご飯、煮物など様々な食べ方をされた。
現在では郷土料理としては衰退している。


写真提供:信州発 そばぶるまい 楽天市場店
 蜂の子(蜂の幼虫やサナギ)を食べる習慣といえば、信州地方が知られていますが、かつては岡山県も蜂の子が広く食べられていた時代がありました。

 蜂の子料理の歴史
 岡山で蜂の子が食べられていたのは、津山市以北の山間部を中心とした地域です。
 食品を保存する技術が発達していなかった時代のため、動物性のたんぱく質を摂取するために食べられていたとも、蜂の巣を駆除する際のイベントごとのような感覚で、珍味として食べられていたとも伝えられています。
 ロイヤルゼリーや蜂蜜、花粉などを食べて育っている蜂の子は非常に栄養価が高く、現在ではサプリメントとして摂取し易い形でも販売されているほどです。

 食べ方
 食べ方は煮物として食べる方法や、炊き込みご飯の具として炒めた蜂の子を入れて食べる『蜂の子飯』と呼ばれる食べ方、そして焼いた蜂の子に醤油をかけて食べるといった食べ方などが知られています。
 食べられる蜂の種類もクロスズメバチアシナガバチクマバチなど様々です。
 岡山においては一部で生食の習慣もあったそうですが、食品の保存技術が発達し、様々な食品がスーパーなどで購入できるようになると、徐々に蜂の子を食べる習慣も廃れていってしまったそうです。
 

戻る

ページのトップへ戻る