トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 >明治ごんぼうバーガー

明治ごんぼうバーガー

明治ごんぼうバーガー

♪ 起源
・井原市特産のごぼう、明治ごんぼうを利用したバーガー。

♪ 特記事項
・ごんぼうとは、井原市の方言でごぼうの事。
ごんぼうバーガー=ごぼうのバーガーです。


写真提供:岡山県観光連盟
 各地で食べられるご当地バーガー。
 やはり目立つのはそれぞれの地域の特産品である肉や魚を利用したバーガーですが、井原市には、ちょっと変わったご当地バーガーがあります。

 明治ごんぼうバーガー
 井原市のご当地バーガーは明治ごんぼうバーガーです。
 ごんぼうと聞いても、すぐには判らないかもしれませんが、これは方言のようなもので、ゴボウの事を指しています。

 要するに、ゴボウのバーガー。
 井原市の特産品である明治ごんぼうを存分に使って作られたバーガーは、シャキシャキとした歯ごたえと、食べ終えた後のゴボウの風味が非常に印象的な独特なバーガーなのです。

 販売されているのは井原駅の構内です。

 明治ごんぼう
 明治ごんぼうは井原市の吉井町明治地区の特産品です。
 ゴボウをごんぼうと呼ぶのも、この地域の言葉です。

 井原市の吉井町明治地区は江戸時代からゴボウの栽培が続けられており、とても風味のあるゴボウは日本一美味しいと評される事もあるほどの逸品です。
 毎年12月の第一日曜日には、【ごんぼう村フェスティバル】というイベントが開催されているほどです。

 明治地区は標高400mの場所にあり、ゴボウ以外も野菜の名産地として知られています。

 

戻る

ページのトップへ戻る