TOP岡山の食べ物郷土料理編 > えびめし

えび飯

東京生まれの郷土料理・えびめし

岡山とえびめし

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・えびめし
♪ 起源
東京にあったカレー屋の『いんでいら』のメニューを、当時いんでいらで働いていた従業員が暖簾分けしてもらい、岡山に持ち込んで広まった。

♪ 特記事項

本家の味を岡山の味付けにあわせてアレンジしている

えびめしとは

 岡山市街地の郷土料理に、『えびめし』があります。
 名前だけを聞けばピラフやお寿司が思いかびますが、出てくるのはインパクトたっぷりの黒光りしたチャーハンです。

 えびめしは岡山の郷土料理として親しまれており、えびめし専門店もあります。
 しかし、実はえびめしが生まれたのは岡山ではなく、東京です
 渋谷にあったカレーハウス『いんでいら』において開発されたメニューで、岡山のえびめしと同じく、特製のソースを使ったチャーハンです。
 
 このえびめしは現在でも『元祖えびめし』として、カレーハウス・いんでいらのメニューにラインナップされています。

岡山とえびめし

 えびめしが岡山に持ち込まれたのは1966年の事です。

 東京のいんでいらで働いていた出井達海さんが、いんでいらを暖簾分けしてもらって、岡山市北区奉還町にてオープンさせました。
 このお店で提供されたえびめしが好評で、いんでいらの主力メニューとなっていくと共に、様々なお店でえびめしが提供されるようになるきっかけとなったそうです。

 この時に出来たお店が、現在もえびめし専門店を展開する飲食店チェーン・いんでいらの始まりでした。

特徴

 同じえびめしでも、本家のいんでいらで提供されているものと、岡山のいんでいらで提供されているえびめしの味は異なると言われています。

 出井さんは岡山でえびめしを提供する際に、多少のアレンジを加えて、岡山県民好みに味を調整した為、本家のえびめしよりも、多少マイルドな味付けになっているそうです。

 店舗ごとの違いは勿論、東京へ行く機会があれば元祖のえびめしとの味の違いも試してみても面白いかもしれませんね。


 -戻る-


写真:えびめし
写真提供:岡山県観光連盟

ページトップに戻る