TOP岡山の食べ物郷土料理編 > ぶっかけうどん

 

実は岡山が初!ぶっかけうどん

岡山とぶっかけうどん

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・ぶっかけ、ぶっかけうどん
♪ 起源
昔からの郷土料理
商業的に売りだしたのは倉敷のふるいちが最初
♪ 特記事項
ふるいちは、セルフうどんのチェーン店。

ふるいち名物、ぶっかけうどん

 うどん好きの方には、暑い時期になるとぶっかけうどんを楽しむ方も多いでしょう。
 最近では讃岐うどんブームで、すっかり香川県発祥と思われがちのようですが、実はぶっかけうどんを商業的に始めた最初のお店は倉敷市にある『ふるいち』というお店です。

 ただし、ぶっかけうどんという食べ方を始めたのがふるいちさんという訳ではないようです。
ぶっかけうどんの食べ方は各地で見られるもので、倉敷でも郷土料理として親しまれていました。
 それを専門店として売り出すにあたり、現在のような倉敷のぶっかけうどんの形を作り上げたのが『ふるいち』さんで、当時は饅頭を販売しているお店でした。

 現在ではセルフ形式を中心に展開するうどんのチェーン店として倉敷市周辺を中心に出店されており、県内では広く親しまれています。

倉敷のぶっかけうどんとは

 倉敷のぶっかけうどんは薬味や具材がばら寿司の豪華さよろしく豊富に用いられており、そこへ少量のだし汁をかけて食べられます。

 味の特徴としては、薬味におろし生姜が用いられる事や蕎麦用のもののように甘みの強い濃い味のだし汁が用いられている事が挙げられます。
 同じ名称で売り出されている香川県のぶっかけうどんとは、違うところも多いので、食べ比べてみるのもいいかも知れません。

 ふるいちさんは知名度で出遅れた倉敷のぶっかけうどん普及の為、ネットでの販売にも力を入れているので、県外の方もその味を試してみることが出来ます。



 -戻る-

関連リンク


写真:ぶっかけうどん
写真提供:ふるいち

ページトップに戻る