トップ > 岡山の食べ物 > 郷土料理編 > 穴子料理


穴子料理

□ 穴子料理

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
ベースケ(大型)、ベラタ(幼魚)

♪ 起源
昔ながらの郷土料理
瀬戸内の新鮮な穴子です。



写真:瀬戸内旬の味紀行 倉敷・魚伊

 岡山県とウナギ
 岡山県民はサワラをよく食べますが、穴子もよく食べます。
 瀬戸内海は穴子の漁獲量が多く、代表的な魚といっても過言ではありません。

 穴子はよく近い種類のウナギと比べられることがありますが、穴子も蒲焼や穴子丼として好んで食べられます。
 産地が近いだけに、新鮮な穴子は柔らかな食感があり、またウナギと比べて随分とさっぱりとした味をしています。

 食べ方
 岡山では産地が近いことを活かして、穴子を刺身で食べる事もあります。
 これは全国的には珍しい習慣です。
 岡山県ではサワラも刺身で食べますが、他地域と違う魚が刺身として食べられているのかもしれませんね。

 また、幼魚を食べる習慣もあるのですが、こちらも生で食べる事が多いです。
 まだ10cm程度で小さなシラウオのように透き通った体をしている幼魚に、酢醤油等をかけてそのまま頂きます。
 穴子は一年を通して食べられる魚ですが、幼魚は2~3月の時期限定の珍味です。

 ちなみに岡山では穴子と呼ばれる他に、特に大型の固体をベースケ、幼魚をベラタと呼びます。

戻る

ページのトップへ戻る