TOP岡山の食べ物果物王国岡山編 > シルバーベル

シルバーベル

岡山とシルバーベル

♪ 岡山県ではこう呼ぶ!
・シルバーベル※そのまま
 備考

・ラ・フランスの交雑種

シルバーベルとは?

 西洋梨の代表的な品種である『ラ・フランス』の自然交雑種から誕生したのが『シルバーベル』です。

 西洋のベルのような愛らしい形をした梨です。
 名前は開発者の方が『鈴木』さんだった事に由来するそうです。

 愛らしい形とは裏腹に、実物の大きさはラ・フランスの1.5~2倍もあります。

 ラ・フランスなどと比べると余り栽培されておらず、西端の地でもある山形県産のものや、秋田県のものがよく知られています。
 岡山県もシルバーベルの産地であり、贈答品などに用いられています。

旬・食べ方

 収穫は11~12月の寒い時期に行われます。
 そして12月頃には市場へ出回るのですが、食べ方には少しコツがあります。
 届いたものをすぐに食べるのではないのです。
 シルバーベルは、届いてから少しの間は食べずに置いておく事で熟成させる『追熟』といわれる期間を設けることが必要な梨です。

 触って少し柔らかいくらいが食べごろですが、やりすぎると傷んで食べられなくなってしまうので、食べる側にもテクニックが必要です。
 しかし良い熟し方で食べる事が出来れば、ラ・フランスよりも強い甘みとさっぱりとした酸味を堪能する事が出来るのです。
 -戻る-

関連リンク


写真:シルバーベル(写真は山形産)

ページトップに戻る