TOPコラムコラム・岡山の企業>2.吉井旅館

吉井旅館

『坂本龍馬も泊まった宿・吉井旅館』

 昔ながらの街並みが残されている倉敷美観地区。
 歴史ある企業も沢山残されていますが、吉井旅館は観光客で賑わう地区にある事もあり、美観地区の定番の風景の一角として親しまれています。

吉井旅館の歴史

 吉井旅館の建物は江戸時代の後期に建てられたものです。
 当時から旅館として営業していたわけではなく、元々は民家でした。
 米問屋などを経て、旅館として利用され始めたのは明治30年頃の事だったそうです。

 近くにクラボウ社の本社があった事もあり、ビジネスで訪れる人々が宿泊する場所として活用されていたそうですが、徐々に美観地区の観光地としての人気が高まっていくにつれて、観光客向けの宿、料亭へと変化していきました。
  

坂本龍馬が泊まった部屋

 吉井旅館には、歴史を感じさせるエピソードを持つ部屋があります。
 それが明治維新の功労者である坂本龍馬さんが宿泊したという部屋で、なんと予約が空いていれば同じ部屋に宿泊できるのです。
 京都へ向かう途中に立ち寄った倉敷で、宿泊したのだと伝えられています。

 坂本龍馬さんが訪れた江戸時代末期の頃は吉井旅館は米問屋として利用されていた時期に当たるそうで、それが巡り巡って旅館として、同じ部屋に泊まれるようになるなんて、ロマンティックな体験ですね♪

所在地

倉敷市本町1-29


<<前のページヘ TOPへ戻る 次のページへ>>

写真
『吉井旅館の外観』(写真撮影;岡山の街角から)


目 次


 -戻る-



ページトップに戻る