TOPコラム岡山の著名人>秋山 登、土井 淳

岡山のリアルバッテリー

『岡山のリアルバッテリー、秋山 登、土井 淳』

解説

 岡山が舞台の児童文学、バッテリー。
 原田 巧と永倉 豪のバッテリーの活躍や、周辺での出来事を描いた作品です。

 岡山県には、かつてこの二人にも負けない名バッテリーがいました。
 それが投手の秋山 登と、捕手の土井 淳です。
 二人の出会いは高校時代のことで、入学した高校が統合された為に同級生となりました。(※統合により誕生した岡山東高校出身。現在の岡山東商業高校)

 高校から始まった二人のバッテリーはそこから、長く続くことになります。
 甲子園を経験した後、二人とも明治大学へ進学し、ここでもバッテリーを組んで東京六大学リーグで3度の優勝を果たしています。
 そして卒業後は二人とも現在の横浜DeNAベイスターズの前身である大洋ホエールズへ入団し、引退こそ1年違うものの、移籍する事無くバッテリーであり続けたのです。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る