TOPコラム岡山の著名人>内田百閒

内田百閒の愛した岡山

『内田百閒の愛した岡山』

解説

 文豪として知られる内田百間(※正確には百閒)は、現在の岡山市中区出身です。

 筆名は岡山市を流れる百間川に由来し、著書の中でも度々岡山に触れているので、郷土愛の強い作家として知られているのではないでしょうか。

 しかし意外にも、岡山を離れた後に帰郷した事はほぼありませんでした。
 これは内田百間自身が故意に帰郷を避けていた為です。
 自分が過ごした岡山の風景を壊さないよう、思い出にあるままに留めておきたいと願い、変わり行く岡山を見ないようにしていたのです。

 内田百間らしい郷土愛のあり方ですね。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る