TOPコラム岡山の著名人>春日局

春日局と岡山

『岡山に住んでいた、春日局』

解説

 徳川家将軍・家光の乳母であり、絶大な権力を誇った春日局は、実はそれ以前に岡山に住んでいたことがあります。
 春日局は家光の乳母となる以前、稲葉正成という武士と結婚していました。
 彼は関ヶ原の戦いの後に岡山藩の藩主となった小早川秀秋の家臣でした。

 しかし小早川秀秋は関ヶ原の戦い以降、精神的に不安定な状態が続いていました。
 それは関ヶ原の戦いの際に、秀秋が勝敗を決したともされている寝返りを行った事に関係しているとも考えられています。

 そしてその寝返りを勧めたのが、他ならぬ稲葉正成でした。
 他の家臣が暗殺されるなどした為、春日局は夫が暗殺されるのではないかと危惧し、岡山城を離れる事を提案し、城を出たのでした。
 徳川家光の乳母となったのは、その後の事です。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る