TOPコラム岡山の著名人>藤岡一男

化石少年・藤岡一男

『化石少年・藤岡一男』

解説

 学校の宿題は面倒くさいものですよね。
 しかし、一生懸命取り組めば…もしかすると、その後の人生が変わるかもしれません。

 高梁市出身の地質学者、藤岡一男はまさに人生の岐路を学校の宿題で迎えました。

 中学三年生の時、夏休みの宿題の為に地学標本の最終をしている最中にシダの化石を見つけました。
 これは実は非常に貴重なもので、学校の先生や周辺の人々ではよく判りませんでした。

 そして最終的にその化石は専門家である大石三郎という人物の手に渡ります。
 大石三郎と藤岡一男はやり取りをしながら、新たな標本を集めて、やがて研究結果をまとめ上げたのです。

 彼はこのやり取りを通して植物化石の研究に深い興味を抱き、大学では大石三郎に師事し、自身も植物化石研究の第一人者として活躍しました。

 宿題なんて面倒くさい…なんて言わずに、一生懸命取り組んでみれば、もしかしたらあなたにも運命的な出会いがあるかもしれませんよ。




一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る