TOPコラム岡山の著名人>木口小平

木口小平

『ラッパ手・木口小平』

解説

 日本の戦時中の英雄の一人に、高梁市出身の木口小平がいます。
 日清戦争の際に戦場で突撃ラッパを吹いている最中に被弾して戦死した兵士ですが、死後もラッパを口から離さなかったというエピソードで知られています。
 この事が有名になり、教科書に掲載される程でした。

 このエピソードが伝えられた当初、実はラッパ手は木口小平ではなく、同じく岡山県出身の白神源次郎だと伝えられていました。
 しかし後になって白神源次郎の死因は溺死である事が判明しました。

 そこで同日に戦死したラッパ手である木口小平がその人であると置き換えられたのです。




一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る