TOPコラム岡山の著名人>坂田金時(金太郎)

坂田金時

『坂田金時終焉の地』

解説

 岡山県の昔話といえば桃太郎ですが、実は金太郎ともゆかりがあります。

 金太郎こと、坂田金時は勝央町で亡くなったとされています。(※金太郎は坂田金時の幼名)
 幼い頃から力自慢だった金太郎は、成長すると源 頼光の下で武将となり、その四天王の一人として活躍しました。

 しかし九州へ向かう途中、熱病にかかり勝央町で亡くなってしまいました。
 町内にある栗柄神社は金太郎が葬られた場所であると伝えられています。




一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る