TOPコラム岡山の著名人>昭和天皇

岡山とハッカ

『昭和天皇と天気予報』

解説

 昭和天皇がまだ皇太子だった大正時代に岡山県に見えられています。
 その前後の時期だけ天気予報の精度が上がったと言われていますが、これは嘘のような本当のことなのです。

 もちろん皇太子の来訪の期間だけ、天気予報の予算を増やして、より多くの情報に基づいて予想を行った為、精度が上がっていたのです。

 まだ天気予報がよく外れていた時代の、ちょっとした出来事でした。




一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る