TOPコラム岡山の著名人>中川横太郎

岡山とハッカ

『中川横太郎と驚きの寄付』

解説

 岡山県で活躍した社会活動家の中川横太郎
 学校の整備に奔走した事でも知られ、1870年に一旦廃止されていた閑谷学校の再興の際にも中心的な役割を果たした人物です。

 そんな彼が山陽英和女学校へ対して行った寄付は驚くべき方法によるものでした。

 山陽英和女学校(現在の山陽女子中学校・高等学校)は1886年に設立して以降、生徒数が伸び悩んでおり、生徒も内職をするなどして学校の経営を支える状態でした。
 そこで中川横太郎は新聞へ自分の生前葬を行うことを告知、香典を多めにして欲しい旨を書き添えたのです。
 そして貰った香典をそのまま寄付に回したのです。




一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る