TOPコラム岡山の著名人>秋山熊太郎

岡山とハッカ

『ハッカ栽培・秋山熊太郎』

解説

 日本で最初に本格的なハッカの栽培に着手したのは、総社市出身の秋山熊太郎だと言われています。

 1817年に栽培を始め、蒸留方法も確立させていました。
 出来た取卸脂を販売し、商売としても成功しました…が、彼は蒸留方法を公開しませんでした。
 その為、ハッカは岡山の産業として定着しませんでした。



一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る