TOPコラム岡山の著名人>山本唯三郎

山本唯三郎

『虎大尽・山本唯三郎』

解説

 歴史の教科書に、暗がりで靴を探す人に対してお札に火をつけて「どうだ明るくなったろう」と話しかける成金の風刺画が登場します。
 実はこの成金、岡山県民です

 岡山市出身の山本唯三郎という人物がモデルになっているのです。
 第一次世界大戦の際に商業的な成功を収めた、まさに成金でお札のエピソードも彼自身が実際にとった行動だと言われています。

 また朝鮮半島での虎狩りも知られており、そのインパクトから虎大尽の異名でも知られましたが、世界恐慌の際に没落してしまいました。
 


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る