TOPコラム岡山の著名人>千屋牛・太田辰五郎

千屋牛・太田辰五郎

『千屋牛・太田辰五郎』

解説

 現在では高級な牛肉として人気の千屋牛ですが、元々は鉄山業で労役牛として用いられている牛が千屋牛の起源です。
 体格も現在と比べると小柄な牛でした。

 これを現在のような千屋牛に改良したのが、太田辰五郎という人物です。
 『千両箱を飛び石にして江戸まで行く』とまで評された資産家で、その豊富な資金力を活かして品種改良を進めていったのです。

 更に自宅を利用して千屋牛馬市を解説し、千屋牛の知名度向上にも寄与しました。
 現在の千屋牛の生みの親と行っても過言ではない貢献のある人物なのです。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る