TOPコラム岡山の著名人>高崎五六

鬼県令・高崎五六

『鬼県令・高崎五六』

解説

 かつて県令(現在の県知事のこと)として岡山に赴任した高崎五六は鬼県令と呼ばれた事で知られています。

 赴任するや全職員を解雇して、自分の支持に従う事を誓約した人物だけ再雇用するという、現在なら大問題になる強権を発動しています。
 他にも山陽新聞を発行停止にするなど武勇伝には事欠かない人物ですが、半年以上難航していた地租改正を着任から2週間で収めるなど、明治時代の岡山の発展の立役者である事も事実です。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る