TOPコラム岡山の著名人>岸田吟香

岸田吟香

『実業家・岸田吟香』

解説

 日本初の従軍記者であるジャーナリストの岸田吟香ですが、実業家としても大きな実績を残しています。
 眼病を患った際にヘボン式ローマ字で知られるアメリカ人医師のヘボンを紹介され、彼から液体目薬を処方され、後に製法も伝授されました。

 彼はそれを精錡水という名前で販売しました。
 これが日本における最初の洋式の液体目薬です。

 岸田吟香は他にも、卵かけご飯でも知られています。
 日本における卵かけご飯を食べた人の最古の記録が岸田吟香とされ、その普及をしたとされています。
 彼の出身地である美咲町は、その事にちなんで卵かけご飯で町おこしをしています。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る