TOPコラム岡山の著名人>平良敏子

平良敏子さんと倉敷

『人間国宝・平良敏子』

解説

 芭蕉布の復興に努めた人間国宝の平良敏子さん。
 実は芭蕉布の復興の為の活動の期限は倉敷にありました。

 戦時中、女子挺身隊として沖縄から倉敷市の倉敷紡績の工場を訪れた平良敏子さんは、社長の大原総一郎氏から、民芸運動家で染織家の外村吉之介氏を紹介されました。
 そして外村氏から芭蕉布の美しさを説かれ、染織を本格的に学ぶ機会を得ました。

 一時は倉敷市での生活も考えていたそうですが、沖縄へ帰郷する事になりました。
 その際に外村氏から掛けられた「沖縄へ帰ったら、沖縄の織物を守り育てて欲しい」との言葉を受け止め、衰退しつつあった芭蕉布の復興に乗り出したのです。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る