TOPコラム岡山の著名人>鶴見内蔵助

二人内蔵助

『二人内蔵助の一人、鶴見内蔵助』

解説

 備中松山藩の藩主だった水谷家は、藩主の水谷勝美に子供が無いまま亡くなった上に、末期養子とした水谷勝晴まで休止した為に無嗣断絶となってしまいました。

 その城の明け渡しの為に備中松山城を訪れたのが、後に忠臣蔵事件の中心人物となる大石内蔵助でした。
 備中松山藩側でその対応をしたのが、家老の鶴見内蔵助です。
 二人が同名だったので、このやり取りを二人内蔵助などと呼びます。

 鶴見内蔵助はその翌年に逝去、鶴見家は旗本になった水谷家に引き続き仕えました。


一覧へ戻る


関連リンク






ページトップに戻る