TOPコラムコラム・岡山の事件簿>34.継政の離婚騒動

離婚のイメージ図

『継政の離婚騒動』

池田継政とは

 池田継政は、池田綱政の跡を継いで岡山藩主を務めた人物です。

 その政治は概ね民意を汲んだ善政として知られています。
 他の藩で百姓一揆が多発していた時期でも、岡山藩では一揆が起こらなかったという有名なエピソードがあります。

 文化人としても優れていたとされ、知名度では池田光政などに劣るものの、歴代の岡山藩主の中でも有数の名君だったと言っても過言ではないでしょう。
 しかしそんな継政の人生の中には、周囲を大いに困惑させ、仙台藩との関係をこじらせてしまい、40年以上も絶交の状態に陥らせてしまう出来事がありました。

異例の離婚

 池田継政は1722年に仙台藩の藩主・伊達家の娘、和子と結婚しました
 そして後に藩主を継ぐ事になる子(宗政)にも恵まれ、順風満帆のように思えましたが、1737年に突如離婚をしてしまいます。

 この離婚は当時としては異例で、非常にまずい形で行われたのです。

 当時、大名の離婚は政治上の争いに発展する事を避ける為に、幕府を通じて穏便に進めるのが通例でした。
 しかし継政・和子の夫婦は幕府は勿論、仙台藩の伊達家にも相談をせずに離婚を決めてしまい、事後報告で終わらせてしまったのです。

 この離婚により、岡山藩の池田家と仙台藩の伊達家は絶交の状態に陥ります。
 ようやく和解したのは継政が逝去して10年以上経ってからの事でした。

離婚騒動とその後

 異例の離婚に対し、伊達家は納得がいきません。
 その為に伊達家は継政の品行がよくない事を原因として考え、池田家内で諍いがあり、その為に和子の存在が邪魔になった為の離婚だと考えていたようです。
 対する池田家は和子自身に原因があったような主張をしていますが、どちらの主張も真偽は不明のままです。

 この離婚の為に幕府にも詮議される事になりました。
 しかし前述のように池田家と伊達家は長く絶交状態に陥ったものの、事態はそれ以上には悪い方向には進まずに終わっています。

 伊達家の主張が噂となっていることを気にかけた継政は隠居を希望していました。
 しかしまだ官位が上がっていない状態であり、そのまま隠居すると池田家の格が低下してしまう事から叶わず、最終的に息子に家督を譲る50歳まで藩主を勤め上げました。
 隠居後も早世した息子の跡を継いだ孫の治政の補佐として政治に携わっていたとされ、離婚騒動の頃以外は全く以って名君そのものだったのです。


<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


写真:離婚のイメージ図
写真提供:イラストAC


 -戻る-



ページトップに戻る