TOPコラムコラム・岡山の事件簿>28.岡山・大学生生埋め事件

『岡山・大学生生埋め事件』

壮絶・生埋め事件

 2006年、岡山市で東大阪大学の大学生らが暴行を受けた果てに生埋めにされ殺害されると言うショッキングなニュースが流れました。
 全国ニュースでも大きく取り上げられ、現場となった岡山市南区奥迫川の空撮映像を息を呑んで見守りました。

 犯人グループは呼び出した被害者を暴行した挙句に、岡山市南区の建設会社の産業廃棄物処理場へ連れて行き、生埋めにしたのです。
 被害者側の知人に殺害を手伝わせる等、残忍な行為が行われ、殺害を主導したとされる人物には死刑の判決がされてました。

経緯

 事件の始まりは被害者となった男性と、加害者の交際のもつれでした。
 被害者の恋人に対し、交際を申し入れるようなメールを送った事から、最初は被害者の側が後の加害者へ暴行を行っています。
 そして自分たちが暴力団と関係があるかのように装い、50万円を要求したのです。

 その事を知人に相談をした事から被害者側への暴行が行われ、やがてエスカレートして殺人に至ったと言われています。



<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


写真:奥迫川上空
写真提供:Googleマップ


 -戻る-



ページトップに戻る