TOPコラムコラム・岡山の事件簿>24.怪奇!?豆餅事件

首が発見されたとされる周辺

『怪奇!?豆餅事件』

豆餅が謎のブーム!?

 明治時代の岡山県で、急に多くの人々がこぞって豆餅を作り、食べるという出来事が起こりました。

 もちろん豆餅ブームが訪れたというわけでもないですし、食糧難でコメの代わりに豆餅を食べた…なんて事もありません。
 実はこの出来事、当時の新聞記事にも掲載されていました。

 ある、とんでもない噂が広まった結果の出来事だったのです。

死にたくなければ餅を食え!

 当時、広まった噂は下記のようなものでした。

 人獣混合の生き物が誕生し、このままでは人類の7割は死滅してしまう。
 しかし豆餅をついて食べれば、助かることが出来る。

 ……。
 これ、大昔の出来事ではなく近代、それも明治時代の事です。
 しかし何故かこの噂は多くの人に信じられたのです。

 やがて新聞で取り上げられる程にまで広まり、まるで豆餅ブームが訪れたかのように、人々は豆餅を食べ始めたのです。

 真相は…?

 この噂の真相は謎のままです。

 商売上手な餅屋が広めたのか、はたまた謎の予言者が本気で広めたのか…。
 結局、人獣混合の生き物が町に現れて被害が出たという記録はないようです。

 もちろん、信じていたひトビとも豆餅を作って食べただけなのでさしたる被害もなかった事でしょう。ただただ、妙な記録が新聞の片隅に残されただけなのでした。


<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


画像:美味しくて命を救う!?豆餅
写真提供:イラストAC


 -戻る-



ページトップに戻る