TOPコラムコラム・岡山の事件簿>18.日本初!美術品 大量盗難事件

大原美術館

『日本初!美術品 大量盗難事件』

美術品大量盗難!

 大原美術館といえば、日本で初の西洋美術を中心とした美術館として知られています。

 日本にあるのが奇跡とまで言われる名作、【受胎告知】などの作品で知られていますが、実は日本における美術品の大量盗難事件が始めて発生したのも、大原美術館なのです。

 1970年11月28日の出来事です。
 朝、職員の方が来てみると本館2階に展示されていた作品の内、5点が持ち出されていました。
 盗まれたのは、ルオーの【道化】、ゴッホの【アルプスへの道】、ギョマンの【自画像】、モローの【雅歌】、ヴィヤールの【薯を選る婦人】で、運び出し易い小さな絵画を選んでの犯行でした。

犯行

 当時の大原美術館は、夜間の警備が現在のような警備システムがあるわけでもなく、警備員も配備されていませんでした。
 そこで犯人は1階の窓の鉄格子を切断し、そこから進入し、持ち出し易い小さな絵のみを選び、額から外して持ち出したのです。

 被害総額は当時の金額で1億8千2百万円でした。
 絵画の海外流出も懸念され、日本のみならず世界の注目を集める大事件となりました。

  解決

 事件は1972年の2月、全ての絵画が回収されるという最高の形で解決しました。
 実行犯が別件で捕まっており、その犯人を説得して絵の隠し場所や、共犯を割り出す事に成功したのです。
 犯行は5人で行われ、絵は岡山から遠く離れた東京と長野で発見されました。

 ちなみに大原美術館の美術品の盗難はこれが初めてではありません。
 1963年1月25日にも発生しており、この時はコローの【ナポリ風景】が盗み出されており、残念ながら未解決のままになっています。

<<前のページへ   TOPへ戻る   次のページへ>>

関連リンク


画像:大原美術館
写真提供:岡山県


 -戻る-



ページトップに戻る