TOPコラム役立つ!?岡山弁講座>5.鼻濁音

鼻濁音

役立つ!?岡山弁講座5 鼻濁音

解説

 関西の人が関西の訛りが抜けない…なんて言いますが、岡山県民が県外に出ても、なかなか抜けない言葉の特徴があります。

 それが鼻濁音の不使用です。
 関西地方以西の地域に置いては「○○が」等の【が】を、鼻にかかったような、鼻濁音と呼ばれる方法で用いますが、岡山弁では鼻濁音は全く用いず、破裂音のまま発声します。
 意識して鼻濁音を習得しないと、そう簡単には抜けないそうです。

 鼻濁音を用いる地域の人にとっては、破裂音で【が】を発音する言葉は強めに聞こえ、それが岡山弁はきついというイメージにも繋がっているようです。
 しかし、鼻濁音は全国的に衰退傾向にあるようです。
 岡山弁がきつく聞こえなくなる日も近いのかもしれませんね…!

 ※鼻濁音を用いないのは岡山に限らず、関西以東の中国、四国、九州などの地域に共通する特徴です。
※画像をクリックすると、拡大表示します。


<<前のページへ  一覧へ戻る  次のページへ>>


関連リンク




ページトップに戻る