TOPコラム>役立つ!?岡山弁講座>2.じゃ

じゃ

役立つ!?岡山弁講座2 じゃ

 【じゃ】は、岡山弁で最も使用頻度が高いと思われる言葉です。
 それ自体が意味を持つ言葉ではなく、【○○だ】などの、 じゃに変わる傾向にあり、岡山弁の最大の特徴とも言えるでしょう。

 先の例で言えば、【○○だ】は、【○○じゃ】になりますし、【だから】などの言葉でも、【じゃから】(じゃけぇじゃけん…とも)といった感じで変化していきます。
 文字に直すと、時代劇の老人のような言葉に見えてしまいますが、岡山県民は老若男女を問わず使う定番の言葉です。

 
※画像をクリックすると、拡大表示します。


<<前のページへ  一覧へ戻る  次のページへ>>







ページトップに戻る