TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市材木町

地名の由来:材木町

城下町の地名

 津山市に限らず、大きなお城があった周辺には、城下町として整備された名残が地名に残されているケースが多く見られます。
 その中でも職業によって分けられた地名は、城下町を整備する際に職人を呼び寄せて住まわせた場所には、その職業が付けられる事が少なくありませんでした。

 例えば今回紹介している津山市なら、細工町などは木工芸の職人が住んでいた町…というように、地名を見るだけでどのような人々が住んでいるのか判るようになっていたのです。

地名の由来

 では材木町は材木商が誘致されたからついた地名なのか?というと、実は材木町の場合は少し違う由来を持っています。

 材木町は津山城を作る際の材木置き場だったのです。
 築城が終わった後も、城下町の整備で木材が必要となり、やがてこの地に材木商が居つくようになったそうです。
 材木が先で、商人が後なのですね。

 他の職人町とは、少し順序が違う材木町(ザイモクマチと読みます)なのです。


 -戻る-

関連リンク


写真:材木町の風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る