TOP美作県民局エリアの地名の由来>美咲町打穴、綿織

地名の由来:美咲町打穴、錦織

打穴の地名の由来

 美咲町にある少し風変わりな地名『打穴』。
 そのまま読むとうちあなですが、この地名は『うたの』と読みます。
 旧打穴村だった地域で、現在は打穴上、打穴北、打穴里、打穴西の大字が残されています。

 かつて機織の職人が数多く住み、綾織物の名産地だった事が地名の由来です。
 砧という道具で打ってツヤを出した(現在で言うアイロンかけのような作業)綾織物の事を『打ち綾』と呼んだそうで、この言葉が転じて、現在の地名である『打穴』に落ち着いたといわれているそうです。

錦織の地名の由来

 旧打穴村に隣接する地名に、【錦織(にしこり)】があります。

 こちらも打穴と同じく、絹織物の産地であった事に由来しています。
 錦織とは、作られた絹織物自体や、それを作る職人の事を指す言葉です。


 -戻る-

関連リンク


写真:打穴下の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る