TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市元魚町、新魚町

地名の由来:元魚町、新魚町

地名の由来

 津山市のアルネ・津山の辺りの地名が元魚町、新魚町です。(アルネ・津山の所在地は新魚町)
 この二つの地名、見るからに関係が有りそうですよね?
 勿論、関係が有るのです。

 現在も津山市の商業の中心である場所ですが、昔から商業が盛んな地域でした。
 元魚町、新魚町の辺りは魚を売る商人の町に指定されていた事に由来する地名です。
 最初に商人が集められた場所が魚町で、後に商人の増加に伴って新設されたの場所が新魚町です。
 そして新魚街が出来た事から、最初にあった魚町が名称を元魚町に変更しました。

古?元?魚屋さんの苦悩

 実は魚町は新魚町が出来るのに伴い、最初は古魚町とされました。
 しかし魚を扱う仕事上、【古い】という言葉を嫌ったのか、後に元魚町という名称に変更しています。

 尚、名前は魚町ですが、魚を販売するだけで栄えていたわけではありません。
 魚市に訪れる人々をターゲットとした飲食業旅館業も盛んで、やはり商業の中心となる地域だったのだそうです。


 -戻る-

関連リンク


写真:元魚町の商店街
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る