TOP美作県民局エリアの地名の由来>美作市鈴家

地名の由来:鈴家

地名の由来

 鈴家の地名には、名僧・行基が関係しています。
 行基という僧侶は、まだ民衆に仏教が解放されていなかった時代に、国の考えに背いてまで、仏教を伝え、普及させた功績で知られています。

 行基がこの地で山篭りをした際に、風が吹いて木々が揺れた音が鈴の音のように聞こえたという事で、修行した山を鈴ヶ峯山と名付けたのです。
 その山のスズケが鈴家となり、周辺の地名となったと言われています。

 名前の由来を考えてみると、一人修行に励む行基の見た風景が目に浮かぶようですね。

行基ゆかりの寺

 当地には行基が開山したと伝えられる寺院があります。
 『鈴峯山蓮乗院 薬水寺』という寺院です。

 鈴家地区周辺は現在でも自然豊かで、もしかすると行基さんが聞いたのと同じ、鈴の音のような木々の音を聞くことが出来るかもしれませんね。


 -戻る-

関連リンク


写真:鈴家周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る