TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市新職人町

地名の由来:新職人町

職人町とは?

 新職人町の地名の由来を調べる前に、まず職人町とは何なのかという事から確認しておきたいと思います。

 近世に入ると築城する際に、同時進行で城下町の整備も進められるようになりました。
 これは城に住む人々の暮らしに必要なものを揃える為であったり、お城の面子として整備するという側面もあるのかもしれません。

 そこで、職人たちを外から呼び寄せて住まわせます
 職人町というのは、そういう人たちが住んでいた地区一帯の事を指す言葉で、その地域に住んでいる職人が特定の職業の人が集まっていた場合は、その職業名が地名になっていたりもします。
 津山市内で言えば、例えば吹屋町は鋳物師を集めて住まわせていた地域です。

地名の由来

 さて、本題に戻りましょう。
 新職人町というのは何なのでしょう。
 新しい職人?新しい物を作る職人?…どちらにしてもピンときませんよね。

 これはどちらかというと、前者が正解になります。
 津山城を築城する際、城主となる森 忠政さんは自らの故郷である美濃から、城下町の整備に必要となる職人を連れて、津山藩へとやってきました。
 
 新職人町というのは、後から追加で大阪や京都、尾張などから、様々な職人を呼び寄せた際に、その職人たちを住まわせる為に整備していた地域の事を指しています。



 -戻る-

関連リンク


写真:新職人町の風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る