TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市船頭町

地名の由来:船頭町

地名の由来

 津山市の船頭町は吉井川沿いに広がる地域です。

 現在の感覚からすると、内陸部である津山市に船頭という地名があるのは不思議に感じるかもしれません。
 かつて周辺は吉井川を行き来する船で栄えていました

 高瀬舟の発着場になっていた為、それに伴い蔵元や問屋もありました。
 藩の船蔵や船頭屋敷が立ち並んでいたのもこの辺りで、船頭町という地名はその事に由来しています。

今津屋橋

 船頭町から吉井川に架かる橋の名前は今津屋橋と言います。

 この橋が架かっている辺りに船蔵蔵元の今津屋平蔵という人の家がありました。
 橋の名前はその事に由来しているそうです。

 船蔵蔵元というのは、藩の命令によって高瀬舟を管理していた人物だそうです。



 -戻る-

関連リンク


写真:船頭町交差点付近
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る