TOP美作県民局エリアの地名の由来>西粟倉村坂根

地名の由来:坂根

地名の由来

 西粟倉村にある坂根という地名には幾つかの由来が伝えられています。

 まず一つが文化庁選定の「歴史の道百選」にも選ばれている志戸峠(かつての官道)の登り口が有るということです。
 瀬戸町にある坂根の地名も、西粟倉村の坂根同様に坂の麓にある事でしたが、重要な道の入り口である事がそのまま地名になったとされる説です。

別の説

 もう一つの説もやはり志戸峠に由来するものですが、こちらは峠に美作の国と因幡の国(現在の鳥取県の東部周辺)の国境があった事から、境根から転じて現在の地名になったとするものです。

 どちらが本当の由来であるにしても、志戸峠が重要な道であった事を今に伝える地名だといえるでしょう。



 -戻る-

関連リンク


写真:坂根の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る