TOP美作県民局エリアの地名の由来>鏡野町大

地名の由来:大

地名の由来

 鏡野町の富地域に、「大」と書いて「オオ」と読むシンプルな地名があります。
 あまりにシンプルすぎて、思わず「おぉ?」と見返してしまいそうですね…なんてダジャレはさておき、この地名には長い歴史があります。

 かつて周辺の国司として赴任したのが藤宮王という人物でした。
 そして現在の王の辺りに住居を構えたのです。

 その事から屋敷周辺が王と呼ばれるようになり、後に転じて、現在のように大となりました。

国司とは

 国司というのは各地の支配の為に、中央から派遣されてきた役人のことです。
 7世紀頃に成立して以降、徐々に廃れながら幕末まで存続しました。

 当初は税金の徴収を行ったり、行政、司法、警察としての仕事も行っていました。
 しかし時代が新しくなるに連れて、段々と権限が弱まり、最終的には名誉職のような形になっていったそうです。


 -戻る-

関連リンク


写真:大の風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る