TOP美作県民局エリアの地名の由来>鏡野町・人形峠

地名の由来:人形峠

地名の由来

 鏡野町の岡山と鳥取の県境に人形峠という峠があります。
 人形仙にある峠で、元々は打越越と呼ばれていました。

 地名の由来は次のような伝説に由来しています。
 かつてこの地に巨大なハチが棲み着いていました。
 そのハチが人を襲うので、なんとか退治しようと考え人形を囮にして退治する事に成功しました。
 この事から人形峠や人形仙の地名が生まれました。
 この伝説にはハチではなく、大蜘蛛が登場するバリエーションなどがありますが、やはり人形を用いて退治に成功しています。


恐怖の由来!?

 人形を用いたハチや大蜘蛛退治の説以外に、神隠しになった子供に由来するという説があります。

 峠道を子供連れで歩いていた母子が、濃霧の中ではぐれてしまいます。
 そして母親は必死に子供を探すのですが、ようやく霧が晴れた時、周辺に子供の姿はありませんでした。
 何故か子供によく似た人形だけが残されていた…というのです。

 この伝説が形を変えて伝わったのか、人形峠には女性や子供に関連する心霊現象の噂が幾つかあります。


 -戻る-

関連リンク


写真:人形峠周辺の風景
写真提供:Googleマップ

ページトップに戻る