TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市加茂町倉見

地名の由来:加茂町倉見

地名の由来

 津山市の加茂町倉見の地名の由来は、神様の名前に由来しています。
 この辺りは古くから鉱山で栄えており、その守護神である闇御津羽(クラミツハ)神が祀られていました

 その事から、その名前を頂いて倉見という地名が生まれました。

全国にある神戸

 クラミツハは水の神様で、竜神なのだそうです。
 鉄を作るのにたくさんの水が必要になるので、水の神様を祀ったのでしょう。
 神様の名前が由来だなんて神秘的なお話ですね。

 現在の倉見は静かな山間部で、豊かな自然と昔ながらの農村の風景が残っている、とても美しい地域です。



 -戻る-

関連リンク


写真:倉見温泉近くの風景
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る