TOP美作県民局エリアの地名の由来>久米南町・片目川

片目川

地名の由来:片目川

地名の由来

 久米南町の誕生寺の辺りを流れる片目川という川があります。
 どことなく不気味な響きのする名前ですが、この地で生まれ育った法然の伝説にまつわるものだと伝えられています。

 法然が子供の頃、彼の父親は殺害されています。
 以前より年貢などの諍いのあった明石定明に夜襲を仕掛けられての事でした。
 普段から弓の稽古をしていた法然は、明石定明の右目を見事に弓で射ています。
 その時に明石定明は片目川で目の傷を洗い流しました。

 それ以後、その川では片目の魚が現れるようになったと言われています。
 片目川という名前のその伝説に由来しています。

 この時、法然は亡くなる直前の父親から仇討ちを断念したとも言われています。

異説

 法然の父親の死に関しては別の説が存在します。
 先の説では父親が死んだため、母方の親戚がいる菩提寺に預けられる事になり、後に比叡山へ行く事になります。

 これとは別に、元々菩提寺に預けられていたという説もあります。
 この説の場合は15歳の時に父の許しを得た上で比叡山へ行っています。そしてその際に父親から先述の、自分(父)に何かがあっても仇討ちはしてはいけないという旨の言葉を与えられています。

 そして法然が比叡山に行った後に父親は殺されたとされています。


 -戻る-

関連リンク


写真:片目川
写真撮影:岡山の街角から

ページトップに戻る