TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市加茂町河井

地名の由来:加茂町河井

地名の由来

 津山市加茂町河井の地名の由来について調べてみました。
 由来となるのは、地域内を流れる阿波川と物見川です。
 二つの川が合流するのが、この河井の地区だったため、川が合流する→河合→河井と転じていって、現在の地名になったそうです。

 同じような地名の由来として、『落合』(真庭市)があります。
 こちらは旭川と備中川が合流する地点にある地域である事から『川が落ち合う』から、落合という地名になったのだそうです。
 ちょっとした表現で地名こそ異なれど、同じ意味を持つ地名というのも面白いですね。

地名の由来

 津山市の加茂町河井といえば、除雪車の向きを帰るための転車台が掘り出され、近代化産業遺産に指定されている『美作河井駅』が思い浮かびます。
 しかし、駅の住所表記上の所在地は隣接する加茂町山下の地域にあります。

 転車台自体も貴重な文化遺産ですが、駅舎も非常に赴きのある建物なので、近くを通った際には是非ともお立ち寄り下さい。



 -戻る-

関連リンク


写真:美作河井駅
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る