TOP美作県民局エリアの地名の由来>津山市・神楽尾山

地名の由来:神楽尾山

地名の由来

 津山市の市街地に近い場所へ、神楽尾山と言う山があります。

 地名の由来は、調べてみると非常に神秘的なものでした。
 山頂に天剣神社という神社があり、そこへ神々が集まって神楽を演奏したというのです。

 そして周辺に住む人々が、その演奏される音楽を聞いて、神楽尾山と呼ぶようになったのだそうです。

現在の神楽尾山

 ちなみに現在、山頂には神々が集まる神社ではなく、津山市指定の史跡である神楽尾山城跡があります。

 毛利氏の戦略上とても重要な城だったとされるお城です。
 旧美作国の中央に位置し、四方が見渡せる抜群の展望を誇るので、もし敵襲があってもすぐに探知できる立地が高く評価されていたのでしょう。
 本丸、二の丸、三の丸という三つの曲輪から作られており、沢山の空堀や土塁で守られた強固な城だったそうで、現在でもその名残を楽しむことが出来ます。

 また麓には桜の名所として人気の高い、神楽尾山公園があり、近所の人々の憩いの場となっています。


 -戻る-

関連リンク


写真:神楽尾山公園
写真提供:googleマップ

ページトップに戻る